パイロットフィッシュ

自分に勝てれば、何にだって勝てる

パイロットフィッシュ

- 自分に勝てれば、何にだって勝てる -

2016年が始まりました

ドアを開けたら快晴でした。
f:id:pilotfish272:20160101113513j:plain

あけましておめでとうございます。
2016年が始まりました。
今年も無事新年を迎えることができ、まずはそのことに感謝したいと思います。
また、今年もこのブログの方、宜しくお願いします。
そんなに更新頻度は高くないですが、頑張って続けていくつもりです。

2016 意気込み -仕事-

会社の業績を上げていかなければならないし、個人の市場価値も上げていかなければいけない。
本当に正念場の年となりそうです。
もし2016年が終わる頃、停滞を感じるようなら、針路を変えなければいけないと思ってます。
それはそれでアリかもしれませんが、今年は自分が選んだこの針路で勝負したいです。
悔いがないような過ごし方を。

個人的に重きを置きたいのは、iOSアプリの開発です。
まずは、とにかく毎日Xcodeを立ち上げること。
そして、Xcode&Swiftを早く習得できるように日々手を動かすこと。
その結果として、iOSアプリを今年中にリリースできれば。
頑張ります。

2016 意気込み -演劇-

去年は本公演で主役を張らせていただき、そのことによって自分の基礎能力のなさを実感しました。
なので今年は、自分の「発声」と「滑舌」をもう一度見直す年にしようと思います。
「発声」と「滑舌」を習得するためには、自分の身体のことも知らなければいけません。
わかっているようで、わかっていないことばかり。
でも、そこに愉しみがある。

劇団の予定としましては、まずはワークショップが3月にあります。
わたくし、ワークショップリーダなんですが、2015年末のんびりしすぎて、全然進めてません。。。
気合い、入れ直します。

ちなみに僕は劇団宇宙の森という府中で活動している社会人劇団に所属してます。

2016 意気込み -ライフ-

去年の経験により、以下のことを守ると生活リズムおよび身体リズムが安定することがわかりました。
ただ多忙になるとやめてしまうことが多かったので、今年はしっかり習慣化できるようにしたいです。

  • 起床後は、すぐに布団をたたむ
  • 帰宅後は、すぐにシャワーを浴びる
  • シャワー後は、すぐに顔および体の柔軟体操をする
  • 柔軟体操後は、すぐに瞑想を行う
  • 寝る前に、明日の準備をする

簡単なことでも、継続することは難しい。

2016 意気込み -ミニマルライフ-

僕はどちらかというと、生活に必要最低限の物だけで暮らすというタイプではなく、厳選したお気に入りの物に囲まれて暮らしたいタイプです。
もしかしたら、ミニマリストではなくシンプリストを目指しているかもしれません。(ミリマリストの定義って人それぞれなので、そう言えないかもしれませんが)
ただ、自分にとって無駄な物は持たないということは一致しています。
物を買う前に、"自分にとって本当に必要で、また惹かれるか"、を考えることを忘れないようにしたいです。
特にストレスを感じている時は要注意。
僕は物を買うことでそれを発散する傾向があるので。

あと、ミニマリストのオフ会に参加してみたいです。(人見知りなんで、きっとあまり喋れないだろうけど)

2016 最初にやったこと

テレビからアンテナケーブルを抜きました。
テレビをつけると時間が止まります。
大して面白いと思っていないのに、テレビの画面から離れられなくなり、やりたいこと、やらなきゃいけないことができなくなってしまいます、僕の場合。
なので、もうテレビを観れなくしました。
ただ、年末はその年の総決算をしてくれる番組もあるので、世の中に取り残されすぎないように、その時だけはまたテレビをつけたいと思います。
それまでは、さようなら。

2016 最初に観た映画

アルゴ [DVD]

アルゴ [DVD]

ベン・アフレック監督・主演のイランアメリカ大使館人質事件を題材とした作品。
Wikipediaを見てみると、いくつか実話との相違点があるみたいなのですが、その相違の部分がこの作品をスリリングなものに変えており、脚本&演出の巧さが光ります。
決して派手な作品ではないけど、鑑賞する価値があると思います。
おすすめ。

2016 最初に聴いたCD

SCRAMBLE(Blu-ray Disc付)

SCRAMBLE(Blu-ray Disc付)

  • アーティスト: ASKA,Goro Matsui,Taisuke Sawachika,Tomoji Sogawa,Jun Asahi,Tsutomu Murata,Manaboo Ogasawara
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル シグマ
  • 発売日: 2012/10/17
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 64回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
もしかしたら最後になるかもしれないASKAのオリジナル・アルバム。
僕的には、ASKAの作品の中で最高傑作だと思っています。
というより、他のアーティストを含んでもこのアルバムを超えるものにはまだ出会っていません。(そんなに音楽を聴く方ではないですが)
早く復活して欲しいです。
もう一度歌声を聴かせて。
いつまでも待ってます。

(アルバム「RED HILL」のASKAの散文詩より)
人生はやり直しがきかないと思ってる
教室で教え込まれたそれは違ってると思う
ダメでダメでダメになったとき
もう一度はじめからじゃ嘘臭いと思ってる

底から這い上がる力を学びたかった
そして逆転は必ずある

人は弱い が 人は強い

やり直しがきかない人生
そんな中に人は生きてる

やり直しがきかない人生だから
かっこいいと思ってる

最後に

今年も、色々ご迷惑をおかけすると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

みんなが次の年をまた笑って迎えることができますように。


★読者になってくれたらうれしいです★