読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パイロットフィッシュ

何が起きても「運がいい」と呟ける人間であれ。

劇団宇宙の森 演劇ワークショップ2016「2015年最後の稽古を無事に迎えることができました」

劇団宇宙の森 演劇

12月20日の稽古日記です。

本日が年内最後の稽古です。
年内最後なので、人がたくさん集まったら少し稽古を早く切り上げて忘年会でも、と思っていましたが、稽古に来てみれば、むしろいつもより人が少なかったので、まずはテンションが下がる。
とりあえず今日は、劇団員らしくジャージを着て(11月の公演が終わって以来、初めての稽古場でのジャージ!!)、基礎稽古を行いました。
稽古リーダーは、3月のワークショップリーダーということで、またもう一人のワークショップリーダーが不在だったので、ワタクシがやりました。
仕切るの苦手だわあ。。

では、本日の稽古メニュー。

柔軟

久々に体を動かすということで、じっくりみっちり、じわじわっと汗をかくぐらいやりました。
僕を含めて、うちの劇団は体が硬い人が多いです。

ちなみに、柔軟性の高い体は以下のようなメリットがあるらしい。

  • 基礎代謝があがり、血行が良くなる
  • 疲労回復に効果がある
  • 肩こりや腰痛の改善に役立つ
  • 運動をするときのケガの予防になる
  • 心身の老化予防に効果が有る

特にケガの予防になるのは良いですね。
稽古中や本番中にケガをして動けなくなったら大変ですから。
まずは毎日柔軟体操をする習慣を。
話はそこからですな。

ジャンプ

学生時代によくやった「イチ!ニ!サン!」のサン!で高く跳ぶ運動です。
今日の稽古人数は7人だったので、70回やってみました。
いやあ、、、正直かなりきつかった。
学生時代は100回以上やっても、今日ほどキツく感じなかった気がします。
やっぱり体力の衰えが。。。

昔「いい役者かどうかは下半身を見ればわかる」と尊敬していた先輩に言われました。
下半身強化、頑張ります。

脳トレ

ちょっとした遊びで。
内容は簡単に言うと、右手と左手で違う動きをする、です。
例えば、右手は三角を描きながら、左手は四角を描くみたいな。
意外に難しいです。
利き手によって感覚も違ってくるし。

役者は舞台上で一度にたくさんのことを要求されるので、脳は常にマルチタスク状態。
だから舞台が終わった後はかなり脳に疲労を感じます。
体も脳も体力があるに越したことはない。

発声・滑舌

僕が来年最も重点を置きたい発声と滑舌です。
発声は津田パイセンにリーダを任せました。
今日やったのは、30秒で息を吸って30秒で息を吐くというもの。
初めてやりましたが、うまくできなかった。。。
呼吸のコントロールって意外に難しい。
滑舌は永田姐さんにリーダを。
今日はア行とカ行の特訓。
ア行はともかくカ行は全然ダメでした。
早口になればなるほど聞き取りづらくなる。(まあ、それが普通なんだけど)

僕は、極端に言えば、発声と滑舌ができていれば、役者に対する評価は人それぞれの好みに過ぎないと思ってます。

フリーズタッグ

昔インプロのワークショップで教えてもらったゲームです。
手順は以下の通り。

(「絹川友梨著「インプロゲーム」から抜粋)

  1. 2人(プレーヤーA&B)はタイトルに沿ってシーンをつくります
  2. 見ているプレーヤーCが「フリーズ!」のコールをします
  3. AとBはシーン中のポーズのまま止まります
  4. 声をかけたプレーヤーCは、AかBの肩をたたき(タッグし)、交代して、交代したプレーヤと同じポーズになり、Cのオファーから、今と全く違うシーンを始めます
  5. 他のプレイヤーが「フリーズ!」のコールをしたら、シーンは止まり、コールしたプレーヤが、どちらかのプレーヤーと交代して、同じポーズから全く違うシーンを行います

劇団では初めてチャレンジするゲームなので、「フリーズ!」とコールするのではなく手を叩くことで止まる、コールする順番を決めておく(本来は順番を決めずに自分の好きな時にコールをする)、などとりあえず的な感じでやってみました。
グダグダ感は否めなかったけど、久々に劇団員の即興劇が見れて愉しかったです。
このゲームのポイントは、以下の2点かなと僕は考えてます。

  • 交代したら、すぐに始める(突発的な自分のイマジネーションに対する信頼)
  • シーンを演じている時は、相手のアイデアを否定せずに受け入れ、さらに自分のアイデアを付け加えたものを相手に返しながら物語を進めていく(イエスアンドの精神)

ワークショップの稽古期間中は即興芝居をたくさんやるつもりです。
理由は、僕が苦手だから、あとは、即興芝居が上手で台本芝居が下手な役者さんは見たことあるけど、即興芝居が下手で台本芝居が上手な役者さんは見たことないからです。(あくまで僕の経験上ですが)

今年もお疲れ様でした

来年も宜しくお願いします。


★読者になってくれたらうれしいです★